院長コラム

院長コラム

鼻血について

2020年10月13日

皆さま初めまして、院長の村上賢太郎です。

この度、院長コラムというものをはじめてみました。
不定期での更新になると思いますが、日常感じることやもちろん耳鼻科にまつわる事などここで書かせてもらいます。

色々なご意見もあるかと思いますが、温かい目で見守ってください。


 

初回は鼻血についてです。

なんで初回が鼻血?!
かといいますと、たまたまこれを書く前夜に長男(5歳)が鼻血を出したからです (笑)

鼻血の原因については実はたくさんあります。

子供さんの場合には鼻を無意識も含めいじってしまったり、こすってしまったり。また夏場にはのぼせてしまってでてしまったり。
大人の場合には高血圧やお薬の影響(血をサラサラにする薬)、血が出やすい病気なども要因になります。

では、鼻血が出たときには実際にどうすればよいのか?

まず第一に慌てない!

大人も子供も今までにあまり鼻血がでたことがない時にどうなるか。
めっちゃ焦ります💦

目の前にポタポタと血が出てくるんです。勢いがあるときにはだらだら止まりません。
焦りますよね。どうしよ!ってなりますよね。まず、ゆっくり口で深呼吸です。

子供さんでびっくりして泣いていたら余計に止まりにくくなるのでまずは落ち着かせましょう。
大人の鼻血も一緒です。たくさん出てドキドキすると思いますが血圧が上がるともっと出てしまいます。

 

第二にとにかく出ている側の鼻の穴を横から押さえましょう。


こけて膝から血が出た時と同じです。まず血が出ているところを押さえるんです。

ゆーっくり口で息をしながら10分前後は押さえてください。

この時、絶対に上を向いたり寝たりせず座ってやや顔を下に向けてください。
(上を向いたり寝たりするとのどに血が流れてきて飲み込んで気分が悪くなってしまいます。)

うちの長男も最初は「鼻血でたー!」って焦ってましたが、最近は慣れたのか夜中でも壁にもたれて自分で鼻を押さえながらうつらうつらするぐらいまでになりました (笑)

 

第三に無事におさまったら安静にして様子を見てください。

子供さんの鼻血の時にはよほどのことがない限り大人の鼻血のように粘膜をあまり焼いたりしません。
繰り返し出ることもあります。ご心配ならいつでも耳鼻科を受診してくださいね。

 

最後に鼻血の時にしないほうが良いこと。

・鼻の付け根を押さえる

→小鼻を横から押さえてください。

・上を向く。横になる。

→のどに血がおりていって飲み込むと気持ち悪くなります。

・鼻にティッシュをいれる

→できれば鼻に入れずに押さえてください。(抜くときにこすれてまた鼻血が出てしまうことがあります。)溢れてくる血を受けるだけにしてくださいね。もし入れて押さえた場合には、しばらく入れておいてからゆっくりと抜いて血が出てこないか注意してください。

 

止まりにくければいつでも耳鼻科へ来てくださいね。

滋賀県近江八幡市 耳鼻咽喉科・アレルギー科
むらかみ耳鼻咽喉科クリニック

〒523-0041 滋賀県近江八幡市中小森町339-1

診療時間

診療時間

水曜は予約・手術※土曜は13:00まで

水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

交通アクセス

  • 近江鉄道バス 桜ヶ丘停留所下車 徒歩3分
  • 中小森町交差点角スグ

予約専用電話:050-5213-2899

むらかみ耳鼻咽喉科クリニック 〒523-0041 滋賀県近江八幡市中小森町339-1

googlemapを見る

インターネット予約はこちら

WEB問診票

CLINIC INFO

診療時間

診療時間

水曜は予約・手術※土曜は13:00まで

水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

滋賀県近江八幡市
耳鼻咽喉科・アレルギー科
むらかみ耳鼻咽喉科クリニック

〒523-0041
滋賀県近江八幡市中小森町339-1

交通アクセス

  • 近江鉄道バス 桜ヶ丘停留所下車 徒歩3分
  • 中小森町交差点角スグ

駐車場20台完備

WEB問診票

直接ご来院頂いた患者様も順番お取りします。

  • facebook
  • LINE
  • instagram
このページの先頭へ